目次
ソファ特集

ソファ特集

インテリアの中でも、一番と言っていいほど存在感があるソファ。
何年も長く付き合うものだからこそ、買ってから後悔することのないように
ポイントを押さえて、とっておきのソファを選びましょう。

ソファ選び 4つのポイント

1.しっかりとサイズを確認する
1.サイズを確認する
ソファのサイズはもちろん、設置する場所、ソファを入れる玄関やドア・窓などの大きさも購入前に確認必須! 大まかに想像するのではなく、実際にメジャー等で正確な大きさを把握することも大切! 人数・サイズから探す
2.ソファの種類を知る
2.ソファの種類を知る
お部屋を広く見せるローソファ、足を伸ばしてくつろげるカウチソファ、来客時に寝台にできるソファベッド等、設置するお部屋や使用シーンに合わせて最適な種類を選びましょう。 ソファの種類から選ぶ
3.お部屋のインテリアに合うかどうか
3.お部屋のインテリアに合う?
お部屋のインテリアや家具の配置によっては、ソファを置くことで雰囲気が台無しになってしまうことも。
素材は?色は?大きすぎて圧迫感が出ない?
お部屋に合わせたものを選びましょう。
4.素材にも注目してみる
4.素材にも注目してみる
布製は色柄も多く、お部屋に合わせて選びやすいです。 合成皮革はお手入れがしやすく小さなお子様がいるご家庭にオススメ。本革は特有の高級感があり定期的にお手入れをすれば大変長持ちします。

人数別おすすめソファ

一人暮らし用にピッタリ 1人掛けソファ

1人掛けソファをもっと見る

一人暮らしには座椅子もおすすめ!

座椅子をもっと見る
座椅子特集

大切な人と寄り添える2人掛けソファ

2人掛けソファをもっと見る

ゆったりとくつろげる3人掛けソファ

3人掛けソファをもっと見る

種類から選ぶ

アームレスト付きソファ

アームレスト(ひじ掛け)は、木製のものは少しかしこまった印象で、来客があるお部屋にオススメです。
やわらかくて低いタイプのアームなら、枕の代わりになります。

ローソファ

脚がない分低くなり、圧迫感が少ないのでお部屋を広く見せることができます。
ローソファの中でもより座面の高さが抑えられたものなら、コタツなどと合わせて使うこともできます。

カウチソファ

コーナーソファにも似た形で、脚を伸ばしてくつろげるのが最大のポイントです。
ものによっては脚を乗せる部分がオットマンになっていて、ソファと別で使うこともできます。

アームレスソファ

ひじ掛けがないため、シンプルで開放感があり、圧迫感が少ないのが魅力です。
ソファの幅が全て座るスペースになり、ごろ寝やあぐらをかいたりするのも余裕。

コーナーソファ

その名の通り、部屋のコーナーに設置すれば 空間を広く使うことができるタイプです。
また、視線を逸らすのも合わせるものも楽なので、会話がしやすいというメリットもあります。
コーナーソファをもっと見る

リクライニングソファ

背もたれの角度を変えることができ、テレビを見たり本を読んだり、お好みの角度でくつろぐことができます。
全体的に角度が変わるもののほか、1人分ずつ分割して角度を変えることができるものもあります。

ハイバックソファ

肩や首、頭まで支えられるような高さのある背もたれが特徴的なソファです。ゆったりと腰かけて体重を預けることができます。

ソファベッド

背もたれを倒すなどするとベッドとしても使えて、1台2役をこなす便利なソファです。
部屋が狭い1人暮らしの学生さんや、単身赴任のお父さんにもオススメ。
ソファベッドをもっと見る

ソファと合わせて!汚れを防ぐソファカバー

ソファカバーの効果

ソファカバーの効果

ソファカバーをかけておくと、ソファが埃や皮脂で汚れずに済みます。また、好きなデザインのカバーをかけることでお部屋に合わせたテイストに変化させたり、アクセントを加えられるなどインテリア性もアップ!

「家具」のおすすめ特集

特集から「家具」を探す

続きを見る
おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ